スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画のご紹介】 『天空からの招待状(看見台灣)』

2013年台湾で大ヒットしたドキュメンタリー映画『看見台灣』邦題『『天空からの招待状』が
12月20日より日本で公開されます。

kanjian003.jpg///kanjian002.jpg


まずはこちらをご覧ください。

予告編



全篇、空撮で撮影されており、台湾の大自然の絶景や奇景が次々に映し出される映像は圧巻。
一方で自然破壊・資源の浪費という側面から台湾の抱える問題をクローズアップしていくその手法に
時間を忘れ、それがナレーションのみの映画であることを忘れさせるくらい映像にひきつけられます。

台湾の美しさを再発見させてくれると同時に、
現代社会・文明社会を生きる我々日本人にも改めて自然や資源に対する関わり方を考えさせられる深い映画です。

この映画に興味がおありの方は是非『天空からの招待状』のFBをご覧ください。

特に11月23日から4回連続で投稿された
映画が出来るまでの過程は読み応えがあります。

1回分のみ下記に添付しておきます。

【プロダクションノート① 〜映画ができるまで〜】
本作で、企画・監督・撮影・編集までを手がけたチー・ポーリン監督は、90年代台湾政府内「國道新建工程局」の国家公務員として航空写真を撮り続けていた。20年以上、台湾を上空から撮影していた彼は、自分たちの愛する台湾がどんどんとその姿を変えていっていることに気付き、その事実をより多くの人に知らせるべく、自分が観たことや感じたことを様々な学校や講演会で訴えていた。
しかし、講演会ではたいてい会場の半分ぐらいの学生が退屈そうに時間をやり過ごしていたり、中には居眠りをしている子供たちが多く見受けられた。学校から押し付けられた環境問題提起などに関心を持つ学生達はいつも少数で、ほとんどの子供達にとっては、退屈極まりない講義でしかなかった。そんな状況に対峙していた彼は、毎回講演が終わるたびに失望し、「いったいどうやったら、僕の思いを多くの人に伝えることができるのだろう」という思いにかられていた。
そのうちに、彼がいつも空から観ているものをそのまま映像にしてみせた方が、言葉以上の力を持ち、よりストレートに伝わるのではないかと思い始めたのだった。映画を撮るなんて想像もしていなかった彼が、ドキュメンタリーの映画監督として大きく一歩を踏み出した瞬間である。(続く)

続きはこちら


『天空からの招待状』がどの劇場で公開されるのか等の詳細は
こちらの公式サイトから



あひる家も『天空からの招待状』を全力で応援しております!

kanjian005.jpg

受付けに貼られたポスター


kanjian004.jpg

チラシも配布しております






是非、劇場に足を運んでご覧ください。





~・~・~ にほんブログ村に参加してまーす ~・~・~

最後にこちらをクリックして、あひる家に元気をわけてください。

↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

↑↑↑↑↑↑↑
ご協力、よろしくお願いしまーす。 by あひる家

~・~・~~・~・~~・~・~~・~・~~・~・~・~・~

スポンサーサイト
プロフィール

あひる家

Author:あひる家
高雄市政府公認のゲストハウス『あひる家』です。

こちらのブログでは台湾南部(主に高雄)の観光に役に立つ情報を配信していきます。

台湾南部の一番の観光資源は「人」!!
台湾の中でも南部は特に人懐っこいと言われています。

台湾南部へお越しの際は
おいしい食べ物や観光地巡りだけでなく、
ぜひ現地の人と触れ合ってみてください。

きっと素敵な出会いが待ってます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。