スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【台湾・高雄の観光スポット】 蓮池潭 (龍と虎の塔)

高雄の定番観光スポット『蓮池潭』



龍の口から入って、虎の口から出ると悪行が消えるといわれている「龍虎塔」を始め、
巨大な関羽の銅像、孔子廟は必見。

また夜はライトアップされるので、
高雄人のデートスポットとしても有名。

あひる家から日中『蓮池潭』まで行く場合は、
高雄の街並みを見ながら行ける
301番のバスで行くのがオススメ!!
※MRT(地下鉄)で行く場合、駅から1時間程度歩かなければならず遠いです・・・




liutora001.jpg

The 蓮池潭

観光の見所は左側に集まっているので、
左側を中心に散策してください。



liutora002.jpg

yoshida_lian01.jpg・・・yoshida_lian.jpg
写真撮影:吉田さん

蓮池潭で最も有名な「龍虎塔」


台湾では龍は縁起のいい動物、虎は最も縁起の悪い動物とされており、
龍の口から入り、虎の口から出ることにより、これまでの悪行が清められるといわれています。

心当たりのある方は是非、中に入って、みてくださ~いw



liutora01.jpg

蓮池潭の入り口


MRT(左營)から歩いて行くと見えます。

位置的には右上になります。



liutora02.jpg

アニメにも登場する「関羽の像」


もの凄くでかく、その姿は圧巻です・・・

関羽の像が登場するアニメはこちら



liutora03.jpg liutora04.jpg

狛犬




liutora05.jpg

孔子廟の入り口




liutora06.jpg

釣り禁止の看板の横で釣りをするおじさん・・・


蓮池潭全域で釣りが禁止な訳ではなく、
観光スポットのある人通りが多いところのみ禁止のようです。



liutora07.jpg

夜の龍と虎の塔


夕方17時で龍と虎の塔の中には入れませんが、
ライトアップされた夜の蓮池潭はとてもキレイです。

一見の価値ありです!!



yoshida_lian03.jpg

夕焼けがキレイな蓮池潭

写真撮影:吉田さん

蓮池潭は夕陽・観光の穴場スポットでもあります!!
その他の夕陽の観光スポットはこちら



看完部落格之後請幫我點下面的圖片.阿里嘎豆.


~・~・~ にほんブログ村に参加してまーす ~・~・~

最後に下の画像をクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

↑↑↑↑↑↑↑
ご協力、よろしくお願いしまーす。 by あひる家

~・~・~~・~・~~・~・~~・~・~~・~・~・~・~
スポンサーサイト

【台湾・高雄の観光スポット】 西子湾 『中山大学①』

高雄で最も優秀な大学である国立中山大学


xiziwan00_20130927105038bde.jpg

ドヤ顔でそびえ立つ門




IMG_2057.jpg IMG_2060.jpg

海に面している中山大学から眺める景色は
台湾一といっても過言ではありません。
広大な大学内には海水浴場もあります。

大学の敷地内は一般の人も勝手に入って大丈夫なので
台湾の大学見学を兼ねて観光してみてください。




【行 き 方】
地下鉄「西子灣」駅1番出口から徒歩5分







xiziwan01.jpg

中山大学の入り口。
トンネルは結構長いが、入っちゃってください。
※入り口の両脇から自転車も出入りすることができます。



xiziwan02.jpg

長いトンネルを抜けた後、
左に曲ってください。



xiziwan03.jpg

イギリス領事館からみた中山大学の様子



xiziwan04.jpg

中山大学内の海水浴場から撮影



xiziwan05.jpg

旗津半島の燈台も見えます。



xiziwan06.jpg

休日には観光バスがたくさん止まります。


xiziwan07.jpg

西子湾の中山大学の敷地内は夕日のポイントにもなっております。



xiziwan08.jpg

釣りのスポットでもあります。


xiziwan09.jpg









~・~・~ にほんブログ村に参加してまーす ~・~・~

最後に下の画像をクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

↑↑↑↑↑↑↑
ご協力、よろしくお願いしまーす。 by あひる家

~・~・~~・~・~~・~・~~・~・~~・~・~・~・~

続きを読む

【台湾・高雄の観光スポット】 駁二藝術特區② (鉄道博物館裏)

立ち並ぶオブジェに時間を忘れて見入ってしまう芸術特区



IMG_8290.jpg


地下鉄『西子湾』駅と駁二藝術特區の間にある広場




地下鉄『西子湾』駅から駁二藝術特區に向かう広場では
芸術家の作品が多数 展示されている他、
駁二藝術特區に抜ける通路にはたくさんのオブジェが並び
見る人を楽しませてくれます。


休日にもなると広場で家族が凧揚げをしている光景をよく見かけ、市民の憩いの場にもなっております。



【行 き 方】地下鉄『西子灣』駅2番出口の裏 鐵路博物館の脇から入れます。






IMG_6140.jpg

鉄道博物館こと打狗鐵道故事館



IMG_8302.jpg

なぜ、このバスがここに放置されているのかは謎です…



IMG_8287.jpg

駁二藝術特區へ向かうスタート地点。



IMG_8288.jpg

まずはカメレオンでお出迎え



IMG_8289.jpg

鐵路博物館の裏だけあって、列車の展示も



IMG_8291.jpg

お花畑もあります



IMG_8293.jpg

芸術作品



IMG_8294.jpg

芸術作品



IMG_8299.jpg

芸術作品



IMG_8300.jpg

芸術作品



IMG_8301.jpg

休憩場所も



IMG_8295.jpg

オブジェ



IMG_8297.jpg

ボーポーモーフォーマン



IMG_8296.jpg

民家



IMG_8298.jpg

芸術だらけの中で一際目立つ「ひまわりくん」
なんだか癒されます。





駁二藝術特區を抜けると、
その先には真愛碼頭という埠頭があり、
愛河にも続いているので、
そちらも一緒に訪れてみてください。



~・~・~ にほんブログ村に参加してまーす ~・~・~

最後に下の画像をクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

↑↑↑↑↑↑↑
ご協力、よろしくお願いしまーす。 by あひる家

~・~・~~・~・~~・~・~~・~・~~・~・~・~・~

【台湾・高雄の観光スポット】 駁二藝術特區①

高雄で一番HOTな場所『駁二藝術特區』



IMG_4925.jpg


今、高雄で一番の観光スポットといえば、『駁二藝術特區』。

今は使われなくなった倉庫群を芸術家さん達の作品の展示会場として用い、
いつ行っても何かしらの催し物が開かれております。

倉庫群の外にも様々なオブジェや芸術作品があり、
気がついたら一日中『駁二藝術特區』にいたというケースも少なくありません。

また芸術特区脇の遊歩道はサイクリングロードにもなっており、
夢時代や愛河まで抜けることもできるので、自転車を借りて回ってみてもいいかもしれません。



駁二藝術特區のHPはこちら



【行 き 方】

地下鉄「鹽埕埔」1番出口を出て右に歩くこと徒歩2分






IMG_4929.jpg

85階ビルを眺めることができます。



IMG_4928.jpg

週末にもなると、大道芸人さん達がパフォーマンスをしております。



IMG_1812.jpg

遊歩道に並ぶオブジェ

85階ビルがみえます。



IMG_1813.jpg

犬がたくさんいますが、みんな大人しいのでご安心ください。



IMG_4924.jpg

バンブルビーではございません(笑)



IMG_4927.jpg

よい子はジャンプして足を掴まないようにしてください。






~・~・~ にほんブログ村に参加してまーす ~・~・~

最後に下の画像をクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

↑↑↑↑↑↑↑
ご協力、よろしくお願いしまーす。 by あひる家

~・~・~~・~・~~・~・~~・~・~~・~・~・~・~


【台湾・高雄の観光スポット】 小琉球

高雄日帰り圏内で断トツの人気を誇る観光スポット『小琉球』


(あひる家での調査結果によると)
高雄からの日帰り圏内で満足度No1の人気スポット『小琉球』


xiaoliuqiu01.jpg

有名な花瓶石



かつて
あひる家に長期で宿泊した人が
20回(以上)も訪れた魅惑の島「小琉球」

その魅力は行った者にしかわかりません。



そんな素敵で魅力的な島「小琉球」へは
ちょっとゆっくり目の朝8時or9時台にあひる家を出発。
※朝一で出る必要はありません

小琉球発の帰りのフェリーの最終便が17:30なので、
それに乗って帰ってきても、20時ごろにはあひる家に戻って来ることができます。

その後、高雄の夜市を散策して一日がいい感じ終わるという超効率的・日帰り旅行ができます。

あひる家は小琉球日帰りプランの裏技を知っていますので、
あひる家から小琉球へ行く人は、行く前にあひる家のスタッフにお尋ねください。




【行 き 方】

①バス「高雄客運」で「東港」まで1時間
②「東港」からフェリー乗り場まで徒歩で15分
③「東港」から「小琉球」までフェリーで30分

※上記は正規のルートで、別のルートで行けば東港のフェリー乗り場まで40分くらいで行くことができます。
ブログには書きにくいので、
あひる家に宿泊の際にスタッフにお尋ねください。

小琉球の観光ポイントと共にお教えしま~す。



尚、小琉球ではバイクを借りるのをオススメします。
バイクで30分くらいで廻れる小琉球ですが、
坂がきつので、自転車はオススメしません。

大きい声では言えませんが、
バイクを借りる際、小琉球では免許の書換えがなくても貸してくれます。










xiaoliuqiu02.jpg

小琉球の海①



xiaoliuqiu03.jpg

小琉球の海②



xiaoliuqiu08.jpg

海を眺めながら一眠り



xiaoliuqiu04.jpg

海を眺めながら一眠り一休み



xiaoliuqiu06.jpg

ここでの休憩はオススメしません。



xiaoliuqiu05.jpg

小琉球近海で獲れた魚も売ってます。



xiaoliuqiu07.jpg

夕日もきれいです。



xiaoliuqiu09.jpg

小琉球にはこんな秘密基地がありますので、探してみてください。



xiaoliuqiu10.jpg

フェリーは往復で410元です。

【関連記事】東港 ⇔ 小琉球 フェリーの注意点等はこちら



xiaoliuqiuchushoku.jpg

昼食は海鮮レストラン


【関連記事】「小琉球での昼食は南北海産で」はこちら



umigame.jpg


時期によってはウミガメが見られます!!





~・~・~ にほんブログ村に参加してまーす ~・~・~

最後に下の画像をクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

↑↑↑↑↑↑↑
ご協力、よろしくお願いしまーす。 by あひる家

~・~・~~・~・~~・~・~~・~・~~・~・~・~・~






【その他の関連記事】

・小琉球のちょっと変わった7-11はこちら


・小琉球のお土産はこちら
プロフィール

あひる家

Author:あひる家
高雄市政府公認のゲストハウス『あひる家』です。

こちらのブログでは台湾南部(主に高雄)の観光に役に立つ情報を配信していきます。

台湾南部の一番の観光資源は「人」!!
台湾の中でも南部は特に人懐っこいと言われています。

台湾南部へお越しの際は
おいしい食べ物や観光地巡りだけでなく、
ぜひ現地の人と触れ合ってみてください。

きっと素敵な出会いが待ってます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。